【5年連続成長率35%超】目標達成のための目標設定方法

目標設定方法アイキャッチ

みなさんこんにちは。トビラマーケティング代表のリュウジです。

私は2017年からフリーランスとして本格的に活動し、6年が経過しました。そして5年連続で売上成長率35%超という、自分でもできすぎな成果が出ました。

私は未経験からフリーランスになっていますし、特別な才能があるわけでもありません。ただ目標をしっかり定めて、それを達成するために毎日コツコツ積み重ねただけです。今回はそんな私の目標設定方法を解説します。

「目標を立てるが途中で挫折しがち…」

そんな方は、そもそもの目標設定から間違っている可能性が高いです。ぜひ本記事で目標設定の方法を学んでください。

目次

リュウジが目標達成してきた経歴

まずは私がこれまでどのような数字を達成してきたか見ていきましょう。

昨年対比売上昨年対比
2017年約115万円
2018年約250万円約217%
2019年約406万円約162%
2020年約675万円約166%
2021年約930万円約138%
2022年約1,380万円約148%

ありがたいことに毎年順調に売上が伸ばせていますね。Twitterで見る「半年で年収1,000万円!」のような派手さはありませんが、コツコツと成果が上がっていることがわかります。

今回は私が2023年の目標をどのように設定しているか解説していきます

目標達成のための目標設定手順

目標設定をするとき、以下の順序がおすすめです。

  1. 現状と目標を確認する
  2. 現状を構造化する
  3. 目標達成するための仮説を考える
  4. 相談して仮説の精度を上げる
  5. 毎日のタスクに落とし込む

この手順で抜けやすいのが2と4です。この部分の精度を上げることで、目標達成できる可能性が一気に上がりますよ。

1.現状と目標を確認する

まずは現状と目標を確認します。私の場合以下の通りですね。

  • 現状:1,380万円
  • 目標:1,800万円

目標は「頑張ればなんとかいけるかな」くらいに設定することをおすすめします。私の場合目標は結構サッと決めて、次のステップに移ります。

2.現状を構造化する

続いてのステップとして非常に重要なのが、現状の構造化です。構造化とは、現状の売上はどのように構成されているか整理すること。例えば私の場合、現状の売上は以下のように構成されています。

売上の現状を構造化した図解

このように現状を構造化すると、どの部分が伸ばせそうか明確にしやすくなります。私の場合であればランサーズのアウトバウンド、Udemyの売上、直接契約はまだまだ伸ばせそうだなと思っています。こうした前提の元、私が考えた目標は以下の通りです。

設定した目標の構造化

つまりこのような目標設定であれば

  • ランサーズのアウトバウンド売上を200万円UP
  • Udemyの売上を150万円UP
  • 直接契約のインバウンドを50万円UP
  • 直接契約のアウトバウンドを50万円UP

これを満たすようなアクションを考えればいいということになります。ここまで数字に落とし込むと、具体的に何をやるべきかのかが明確になります。

3.目標達成するための仮説を考える

目標設定ができたら、目標を達成するためのアクションプラン仮説を考えます。重要なのはあくまで仮説であるということ。ここで考えたアクションプランで確定してしまうと、視野が狭くなってしまいます。

項目アクションプラン仮説
ランサーズアウトバウンド・プロフィール閲覧者にメッセージを送る
・単価の高い案件への応募
Udemy・新規講座の制作
直接契約インバウンド・ブログ更新
・SNS更新
直接契約アウトバウンド・商工会議所へのアプローチ

しかし仮説を出してみても、それが本当にうまくいくかどうかはわかりません。次はこの仮説が本当に正しいかどうか考えていきます。

4.相談して仮説の精度を上げる

自分で仮説を作ってみても、その精度が高いかどうかはわかりません。精度を高める一番手っ取り早い方法は、人に相談すること。できれば自分の少し先を行っている人に相談できると、精度が高まっていきます。相談するときは

  1. 全体の方向性が間違っていないか
  2. アクションプラン自体が間違っていないか

という2つの視点が重要。私の場合混同しないよう別の人に相談しています。

アクションプランについては1つ1つ確認していると数が多くなるので、自分に自信がないものを相談するようにしています。私の場合ランサーズのアウトバウンド営業について相談しました。

私も過去にこの段階を飛ばしていたのですが、実際にやってみるといいなと感じる点が多いです。実践する前に人に相談することをぜひ試してみてください。

5.毎日・毎週のタスクに落とし込む

アクションプランの方向性が決まったら、それをタスクに落とし込みます。私の場合、以下のようなタスクを決めました。

  • 月30件ランサーズのアウトバウンド営業実施
  • 2か月に1つUdemy講座制作
  • 月2本ブログ更新
  • 2カ月に1回商工会議所の交流会に参加

タスクを決めるときは必ず期間と量をセットにします。そして決めたタスクをスケジュールに落とし込みます。私の場合毎週木曜日はこのタスクをやる日と決めました。毎週木曜日は以下のタスクをやることが決まっています。

  • 8件ランサーズのアウトバウンド営業実施
  • 1週目・3週目はブログ更新
  • 2週目・4週目はUdemy講座制作
  • 商工会議所の交流会情報は随時チェック

タスクが決まったら、あとはそれをひたすらこなすだけ。そうすれば自ずと成果につながっていきます。

目標達成するためにはまず正しい目標設定から

「目標を設定するけど、なかなか目標が達成できない」そんな方は、目標設定のやり方が間違っている可能性があります。

  • 設定したアクションプランは本当に正しいのか
  • アクションプランは無理なく実践できる内容になっているのか

自分で仮説を考えたうえで、人に相談してみることで、精度が一気に上がります。目標達成できないと悩んでいる方は、目標設定のやり方を見直してみましょう。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

リュウジのアバター リュウジ トビラマーケティング代表

高単価商品専門Webマーケティングの『トビラマーケティング』代表。Webマーケティング戦略・SEO対策・Youtube運営支援など、Webマーケティングに関する幅広い知識と経験がある。ベネッセ・日本HPなど大手企業との取引も多数。ランサーオブザイヤー2021受賞

コメント

コメントする

目次